プロフィール
中谷充宏
中谷充宏
・社会保険労務士
・行政書士
・キャリアカウンセラー


金なし、コネなし、実務経験なし、専用事務所なし、で2004年に無謀にも独立開業。

主にネットを活用した独自のマーケティング理論を実践し、着実に業績を上げてきました。その成果が認められ、他の追随を許さない圧倒的なマスコミ掲載実績を誇ります。

自らの起業体験を元に、このブログで資格の起業ノウハウを発信していければと思っています。

<連絡先>
TEL:048-650-5139
mail:nakaya@jyoseikin.com
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。

2006年11月15日

あの神田昌典先生いわく

32885.jpg【短期間で急成長する会社が受けている恩恵とは?】

キーワード:急成長する会社の突破口は、マスコミの活用。

解説:
優良企業といわれるようになった会社の、成長のきっかけが
どこにあったかとつぶさに調べていくと、それは商品力でもなく、
広告力でもなく、組織力でもなく、 ましてや経営力でもないこと
が多い。

経営者は忘れてしまっていることが多いのだが、きっかけとなる
のはマスコミによる報道(もしくは社会的影響力のある人、または
大手取引先となる担当者の思い入れ)であることが驚くほど多い。
あなた の会社が爆発するには、単にきっかけとなる触媒が
必要なのかも知れない。


これは今日の神田昌典先生のメルマガ。


私が廃業しないでいられるのも、マスコミ活用のおかげ。


で、今日もリクルートB-ingの取材でした。


【人材採用ホームページならプロジェクトR】

成約後に1件100,000円の謝礼金を支払います(埼玉県・東京都のみ)。

http://www.project-r.jp/

事前お申し込みと審査が必要です。
タイトルに「プロジェクトR販売店希望」と書いて
nakaya@project-r.jp まで、メール下さい。

■■■■ちょっとPRさせて下さい!■■■■
株式会社設立時には定款という会社の憲法のようなものを作らないといけません。

そして、この定款は単にワープロソフトなどで作ればいいというものではなく、公証人役場というところで認証を受けないといけません。

定款を紙ベースで作った場合は印紙税4万円がかかってしまうのですが、これを電子認証という仕組みを使えば、この印紙税4万円がかからなくなるのです。

では、設立者自身でできるのか?
実はこれら電子認証を行うソフト代だけで8万円ほどかかるのです。

印紙代4万円を節約するのに、8万円払っていては意味がないですね。

定款作成は電子認証ができる行政書士に頼むのが、早くて安くすみます。
同じ行政書士でも紙ベースの定款しか作れない先生が大半です。

私は既に何件もの電子認証を通してきました。

埼玉・東京で株式会社を設立する際にはぜひご相談を。
info@kabushikigaishaka.com

起業時の法人化なら、安くて簡単な合同会社!
合同会社設立支援センター

資本金1円でも株式会社設立可能に!印紙代4万円不要
株式会社設立支援センター

起業時の助成金活用なら、助成金ドットコムにご相談を!
助成金ドットコム

残業代の支払にお悩みの経営者の方へ!
残業代削減対策室

起業したらトラブル防止のために社内ルールを策定しましょう!
就業規則ナビ

私のリアルな士業開業話?を聞きたい方は、メルマガに今すぐ登録を!
開業してすぐに社労士・行政書士で1000万円稼ぐには?

■■■□■■PRはここまで■■■■■□■

つい先日、社会保険労務士試験の合格発表があったとか。


受かった方、おめでとうございます!
残念ながら落ちた方、次に向かって頑張って下さい!


実は試験合格よりも、社会保険労務士資格で食っていくことの方が何十倍も大変です。


開業者の8割は3年で廃業するのですから。


開業したばかりの弱者が既存の先生方に勝つために有効的なツールだった、ホームページ。


私が開業した約3年前は、まだこれが充分役立っていました。


しかし、これももう飽和気味ですから、これから開業する人は大変の一言です。


何しろ顧客獲得の勝ちパターンを体得するには、時間がかかります。
それまで気力・体力・財力が持つかどうか?


ましてや、開業を取り巻く環境が年を追うごとにますます厳しくなっています。


社会保険労務士を必要としている顧客はそれほど増えていませんし、見込み客がいたとしても、開業したばかりの新人のところにはなかなか向かいませんから。


本当に厳しいです、現実は。


開業予定者の方は事務指定講習も大事ですが、それよりもマーケティングについて死ぬ気で勉強しておくべきだと思います。