プロフィール
中谷充宏
中谷充宏
・社会保険労務士
・行政書士
・キャリアカウンセラー


金なし、コネなし、実務経験なし、専用事務所なし、で2004年に無謀にも独立開業。

主にネットを活用した独自のマーケティング理論を実践し、着実に業績を上げてきました。その成果が認められ、他の追随を許さない圧倒的なマスコミ掲載実績を誇ります。

自らの起業体験を元に、このブログで資格の起業ノウハウを発信していければと思っています。

<連絡先>
TEL:048-650-5139
mail:nakaya@jyoseikin.com
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。

2007年01月19日

NHKから取材依頼

今日私の運営しているホームページ経由で、NHKから電話がありました。


取材機密があるので詳細は申し上げにくいのですが、今は向こうからアプローチしてくるのですね。


そういえば・・・


Yahoo!の検索で11位。ガーンと上昇しました。

ホワイトカラーエグゼンプション対策なら
ホワイトカラーエグゼンプション対策室


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


■■■■ちょっとPRさせて下さい!■■■■

インターネットでの集客が全盛の時代。

士業のホームページがタケノコのように乱立していますが、ここは皆の流れに逆らって、アナログな集客ツールを見直してみませんか?

正直、100ちょいの少数なDM発送でこんなにレスポンスがあるとは思いませんでした。

また、成約もこんなに簡単だったとは。

 
これが現在の郵送DMの威力です。


ただし、ただ単に出せばいいというものではありません。

これは練りに練った戦略と集めに集めたDMを研究したからです。

それを今回はマニュアルにしました。

題して「素人でも1日でできる、効果的な郵送DMを送る7つのコツ」。

総頁数54ページのPDFファイルです。
なんと私が今使っている郵送DMを事務所へ送るサービス付です。
 
概要は次のとおりです。

(1)はじめに
(2)中谷って何者?
(3)FAXDMから郵送DMにシフトしつつあるその訳とは?
(4)インターネット全盛期だからこそ・・・
(5)決め手になった共同事務所のパートナーの一言
(6)DMに重要な4つのポイントとは?
(7)リスト集めは業者任せにするな
(8)○○を持ったリストが必要
(9)タダで最高のリストを集めるちょっとしたコツ
(10)重要なのは○○○○○を作ること
(11)探偵に稼ぎ方を学ぶ
(12)フロントエンド商品とは?
(13)バックエンド商品とは?
(14)郵送DMの儲けのカラクリ
(15)集めたリストでラベル作り
(16)郵送DMで開封率100%にするには?
(17)お客は選べない、○つに絞れ
(18)早速送ってみよう
(19)鉄は熱いうちに打て
(20)他の先生の原稿を見て、やられた!と思ったこと
(21)効果的な見出し、文章とは?
(22)反応のいい原稿を作る方法とは?
(23)原稿に盛り込んでおかなければならない6つのこと
(24)更に反応をよくするための2つの工夫とは?(事務所紹介編)
(25)更に反応をよくするための3つの工夫とは?(回答欄編)
(26)送信先からの入手情報は○つあればよい
(27)一番大事なことは○○○こと
(28)原稿の枚数は?何枚が適当?
(29)原稿の色は?何色がいいの?
(30)原稿の大きさは?どの大きさが適当?
(31)クレームってどれくらいあるの?
(32)クレームの対処方法は?
(33)反応のいい曜日とは?
(34)郵便DMのレスポンス率はどれくらい?
(35)おわりに
(36)特典
(37)巻末資料


・顧客獲得がイマイチうまくいかない
・営業が超苦手
・郵送DMを活用して顧客を獲得したい
・FAXDMのクレームが怖い

上記に該当する先生はぜひこのマニュアルを読んでみて下さい。

ただし、同一商圏でこのノウハウを使われると、私の商売が危なく
なるので、埼玉県内を商圏にされている先生はご遠慮下さい。

それほど惜しみなくノウハウを公開しています。


今がチャンス価格9,800円
 

私が活用しているDMの現物の郵送サービス付です。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」
具体的に行動することの大切さはおわかりですよね?
 
お申し込み、お問い合わせは→ info@jyoseikin.com
タイトルに「郵送DM活用法申し込み」と書いてお送り下さい。

後ほどこちらから手続の詳細をお送り致します。

■■■□■■PRはここまで■■■■■□■


そういえば、雑誌や有名サイトからのアプローチもホームページ経由。


インターネットを活用しなかったら、今私は廃業していたかもしれません。


文型出身の私にとって当時は苦労の連続でしたが、NTT情報システム本部に長年務めておいてよかったです。


ITの基礎知識を体得することができましたからね。


業務多忙です、私の業務をお手伝いして下さる近郊の先生はいらっしゃいませんか?
→nakaya@jyoseikin.com
タイトルに「サポート希望」と書いて送って下さい。

折り返しこちらから詳細をお送り致します。