プロフィール
中谷充宏
中谷充宏
・社会保険労務士
・行政書士
・キャリアカウンセラー


金なし、コネなし、実務経験なし、専用事務所なし、で2004年に無謀にも独立開業。

主にネットを活用した独自のマーケティング理論を実践し、着実に業績を上げてきました。その成果が認められ、他の追随を許さない圧倒的なマスコミ掲載実績を誇ります。

自らの起業体験を元に、このブログで資格の起業ノウハウを発信していければと思っています。

<連絡先>
TEL:048-650-5139
mail:nakaya@jyoseikin.com
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。

2013年02月18日

士業の品格











4冊目が好調な売れ行き、感謝、感謝です。





「ためになった、役立った」といった、うれしいレビューもたくさんいただけるようになりました。感謝、感謝です。





今日は士業の品格の話。

国家資格である我々は、通常より高い倫理観が求められます。



で、私の周りで実際にあった話。


お客様より「これは間違いではないか?」と疑問視されたにもかかわらず、

「間違いはありません。」と断言して、3週間放置してやっと間違いに気づいた。

(いくらなんでもお客様の疑問はすぐに解決に取り組むべきでは?)



お客様より計算ミスを指摘されて、

「ミスはミスだけれども、うちは破格値でやっていますから。」

とうそぶく。

(安かったらミスしていいの?)



自らが主体となって過去の内容を変更した手続きについて、お客様に数字や論拠を示されると、

「それでは、以前に戻します!」と、高らかに宣言。

(国家資格者である以上、その道の専門家ではないの?)



この事例の先生は田舎だから通用する?のでしょうが、今や先生稼業であぐらをかいていてはダメです。

特に国道16号の環状内では、もはや国家資格者の威光などは通用しないのですよ。







  

Posted by 中谷充宏 at 21:37士業向けマーケティング