プロフィール
中谷充宏
中谷充宏
・社会保険労務士
・行政書士
・キャリアカウンセラー


金なし、コネなし、実務経験なし、専用事務所なし、で2004年に無謀にも独立開業。

主にネットを活用した独自のマーケティング理論を実践し、着実に業績を上げてきました。その成果が認められ、他の追随を許さない圧倒的なマスコミ掲載実績を誇ります。

自らの起業体験を元に、このブログで資格の起業ノウハウを発信していければと思っています。

<連絡先>
TEL:048-650-5139
mail:nakaya@jyoseikin.com
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。

2014年04月20日

創業補助金の敷居の低さ

久々の投稿になります。

更新が滞っており、大変申し訳ございません。



さて、今回はまさしく創業や起業に関するお話になります。


そう、創業・起業に関する返済不要の「助成金」です。


昨年度、ムチャクチャおいしい!と業界を震撼させた助成金が、「創業補助金」。

アベノミクスのバラマキ?とまで言われた、大判振る舞いの助成金です。


昨年度で終了!と言われていたのですが、予算を消化できなかった、ということで、今年度も一部残っています。


簡単に制度を申し上げますと、

創業・起業に必要な対象経費の2/3、最大200万円が、補助されるというもの。

ただし、オーディション形式なので、創業・起業のネタがこの制度の主旨に合っていると採択されないと、もらえません。


採択率は、最初は70%超という恐ろしく高いレベルを叩き出していましたが、昨年末の最終回は25%だったとか。


予算の分捕り合いなので、早めに提出するのが有利なようです。



助成金の専門家として、


創業補助金申請センター


というのを立ち上げて、助成金を活用した創業・起業をサポートしています。

(特に起業・創業が全く初めての方にとって、最も難関の、認定支援機関のサポートの取り付けも、当事務所で行っておりますよ。)


実は私自身もこのオーディションに応募し採択された実績がありますし、現在も多数の依頼を抱えております。


今年の6月末で終わってしまう本制度。

認められる経費の幅も広いことから、ぜひ起業・創業をお考えの方には、200万円をゲットしてもらいたいと思います。


「創業補助金」に関心がある方は、自身も採択経験がある当事務所にお任せください。


創業補助金申請センター


※初回の相談は無料ですが、申請の期限が迫っていますので、早め早めのご相談をお願いいたします。


同じカテゴリー(助成金)の記事
介護で起業
介護で起業(2009-05-12 20:30)

女性に優しい助成金
女性に優しい助成金(2009-05-11 22:11)

Posted by 中谷充宏 at 17:11 │助成金