プロフィール
中谷充宏
中谷充宏
・社会保険労務士
・行政書士
・キャリアカウンセラー


金なし、コネなし、実務経験なし、専用事務所なし、で2004年に無謀にも独立開業。

主にネットを活用した独自のマーケティング理論を実践し、着実に業績を上げてきました。その成果が認められ、他の追随を許さない圧倒的なマスコミ掲載実績を誇ります。

自らの起業体験を元に、このブログで資格の起業ノウハウを発信していければと思っています。

<連絡先>
TEL:048-650-5139
mail:nakaya@jyoseikin.com
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。

2012年08月02日

社会保険労務士で食えるのか?




1か月も経たないうちに無事、3冊目が出ました。






もうすぐ4冊目の執筆も終わり、もうひと踏ん張りです。



実は私自身、もう社会保険労務士&キャリアカウンセラーで開業して9年目になります。

生まれも育ちも大阪、大学は京都の大学、

就職して東京勤務(システムエンジニア)、1社転職したけれど全く営業できずに退職。


それで何のゆかりもない埼玉で起業して、今まで8年はこれで飯食ってきました。

で振り返ると、私はたまたまで運が良かっただけです。

(もちろん、自分なりの秘訣はありますが、わざわざここで公開はしません。)



それで今、社会保険労務士の開業者が増えているようですが、

私の開業当時と違い、生半可では間違いなく食えないです。


よく支部長のところにあいさつに行くと、「3年は食えない」と説教されるといいますが、

3年耐えて食えるようになるなら、いい方だと思います。


また不安心理に付け込むような、開業予定者に開業サポートや開業セミナーを売る商売も盛んなようですが、

うーーーーーん、どうでしょうか?


そもそも本業が忙しかったら、そういったサービスはやらないでしょうし、

社労士全体をよくしたいという志があるのであれば、無料ですべきかな?と思います。


まあ、アメリカのゴールドラッシュの際には、金鉱を掘る人より

金鉱を掘る人にスコップや作業着(リーバイス)を売る方が儲かったって言いますしね。


釣る方も釣られる方も納得の上でしょうから、私が憂慮すべき話ではありません。

同じカテゴリー(社会保険労務士で食っていけるのか?)の記事